イラン・イスラム共和国の憲法

1980年に承認-1989年に改訂

第3部 - 人々の権利

記事19

イランの人口は、その民族や部族の起源が何であれ、平等な権利を享受しています。肌の色、人種、言葉その他の性格は、特権や差別の根拠ではありません。

記事20

イスラム規範に従い、男性と女性の国民全員が法の保護の面で平等であり、すべての人間的、政治的、経済的、社会的、文化的権利を享受する。

記事21

イスラム規範に従って、政府はすべての分野で女性の権利を保証し、以下を実施する義務があります:1。 女性の人格の発展と物質的および精神的な領域における彼女の権利の再確立を促進する条件の創造。 2。 母親の援助と支援、特に子どもの妊娠と成長、家族保護のない子どもの保護。 3。 家族の存在と安定の保護のための管轄裁判所の設立。 4。 家族の支援を受けていない未亡人、高齢女性、女性に対する特定の保険の創出。 5。 法的保護者がいない場合に子供の利益を守るために、子どもの保護をそれにふさわしい母親に割り当てる。

記事22

法律で定められている場合を除き、名誉、人生、財産、居住および仕事は不可侵の権利です。

記事23

個人的な信念の調査は認められておらず、誰もその意見のために起訴されたり調査されたりすることはできません。

記事24

イスラムの基本原則や地域社会の権利が傷つけられない限り、報道の自由や報道の自由の表現の自由は保証されています。 詳細は、その後の法律で規定されます。

記事25

通信の傍受と制御、内容を公開するための電話会話の録音、電文やテレックスの傍受、内容の啓示、検閲、通信の不通または非送信、過度のスパイ活動や監視のあらゆる種類のリスニングを明示法律の定めるところにより除き、禁止されています。

記事26

政党や団体、専門家団体、宗教的なイスラム団体または他の認識宗教的少数派の創設など、当事者や団体が違反したり、独立、自由、主権と国の国民の団結を怒らないことを提供し、無料ですイスラムの規範も、イスラム共和国の財団もそうではない。 誰もそのような団体に参加することを妨げられたり強制されたりすることはできません。

記事27

会議やパレードは、平和で非武装で、イスラム原理に違反しない限り、組織された人は無料です。

記事28

選択肢はイスラム教や公益とは対照的であり、他の人の権利を侵害するものではないとすれば、誰もが、男女は、自分が望む職業を選ぶ権利があります。 政府は様々な職業の社会のニーズを遵守し、あらゆる個人がさまざまな活動分野で機会均等と雇用機会を均等に保つことを義務付けています。

記事29

介護のために必要な、退職、失業、失業、老齢や障害者、家族のサポートの欠如、怪我、事故の場合に保険や他の形態の形での援助からのすべての利益を共有することができるようにするE「権利医療援助が含まれる。 政府は、法の規則を適用し、市民からの一般財源及び支払額から資金を使用することによって、国の各市民の賛成で、上記に介護サービスのステージングと財政支援を提供する義務があります。

記事30

政府は、中学校の完成まで全人口に無料の教育を提供し、国の可能性の範囲内で高等教育の手段を無料で提供する義務があります。

記事31

あらゆる個人やイランの家族の権利は、彼らのニーズに合った家庭の恩恵を受けることです。 政府は、この原則の具体的な適用を提供する義務があり、最も貧しい人々、特に農民や労働者を優先させる。

記事32

法律と定められた手続に従うこと以外は、誰も逮捕することができません。 逮捕された場合、告発の本質および動機は、被告人に書面で直ちに伝えなければならない。 最長24時間以内に予備ファイルを管轄司法当局に送付し、裁判手続をできるだけ早く開始しなければならない。 この原則への違反は法律で罰せられる。

記事33

誰も彼が住んでいる場所から追放されたり、法の意図する場合を除いて、彼が選んだ場所に住むことを妨げられたり、特定の場所に居住することを余儀なくされたりすることはできません。

記事34

正義を求める権利は、誰もが誰でも楽しむことができます。 すべての人は、管轄裁判所に訴えて、司法当局に上訴する権利を有する。国民のすべての市民は、そのような裁判所に上訴する権利を有する。 法律によって各事件ごとに管轄裁判所に訴訟を起こすことを防止することはできません。

記事35

すべての裁判所において、各取引相手方は法定代理人を選ぶ権利があります。 当事者の経済状況が信頼の弁護士の選択を許可しない場合、弁護士は事務弁護士を通じて保証されなければならない。

記事36

文章の発行とその執行は、管轄裁判所と法律に基づいてのみ行うことができます。

記事37

法律は無実を前提としています。 彼の罪が有能な裁判所で証明されていない限り、誰も法の前で有罪になることはありません。

記事38

自白や情報を抽出するために、あらゆる種類の身体的または心理的拷問を行うことは禁じられています。 証拠を提供したり、告白したり、宣誓したりすることを強制することは絶対に禁じられています。 前述のようにして得られた試​​練、告白、宣誓は、有効性から完全に取り除かれます。 この原則の違反行為は、法律に従って起訴される。

記事39

逮捕、拘留または亡命の対象となる個人の名誉または尊厳をいかなる形でも違反することは禁じられています。 この原則に違反した場合、法律で処罰されます。

記事40

権利を行使する上で、他の人に危害を加えたり、地域社会の利益を害することは許されません。

記事41

イランの市民権は、すべてのイラン人の絶対的権利です。 市民がそれを要求したとき、または市民が別の国の市民権を取得したときを除いて、政府はイラン市民の権利を奪うことはできない。

記事42

外国人は、法律で定められた手続に従って、イランの市民権を取得することができます。 彼らが他の国の市民権を取った場合、または自分がそれを要求した場合、そのような市民権を奪われる可能性があります。


シェア
未分類