イラン・イスラム共和国の憲法

1980年に承認-1989年に改訂

パートXNUMX-国家主権と派生権

 

記事56

人類が社会的運命を支配することを望んでいた神には、世界と人道に対する絶対的な主権があります。 誰もこの権利を奪い去ることはできません。これは神の派生物であり、個人的または集団的利益にこの権利を奴隷化するものでもありません。 人々は以下の規則に従ってこの権利を行使する。

記事57

イスラム共和国の主権国家は、以下の規定に従って、Wilayat Mutlaq Amr15とImamate of the Community(Ummah)の監督下で行使される立法、執行、司法機関で構成されています。 リストされている58つの力は互いに独立しています。 第XNUMX条立法権は、国民によって選出された代表者で構成されるイスラム議会の特権である。 議会で可決された法律は、以下の条項で指定された手順に従って、執行および司法権に伝達され、執行されます。

記事59

特に重要な問題、国の将来に関する問題、または特別な経済的重要性の問題については、国民の投票に直接訴えることで、立法権を照会機関を通じて行使することができます。 国民投票への償還請求は、議会の全代表者のXNUMX分のXNUMXによって承認されなければなりません。

記事60

エグゼクティブ・パワーは共和国大統領と政府閣僚によって行使されるが、現在の憲法によれば、そのような権力は最高リーダー(Rahbar)の直接の特権である。

記事61

司法権16は、司法裁判所によって行使され、司法裁判所はイスラムの規範に従って確立されなければならない。 彼らは、紛争の定義と解決、権利の保護、司法の拡大と管理、そして神の法律の執行を担当しています。

 


シェア
未分類