イラン・イスラム共和国の憲法

1980年に承認-1989年に改訂

パートXNUMX-外交政策

記事152

イスラム共和国の外交政策は、上の支配や抑圧のすべての形態の、完全に独立し、すべてのイスラム教徒の権利の防衛のために国の領土保全の保護、覇権大国に対する非アライメントの拒絶に基づくとされます非攻撃的な国家との友好関係の確立

記事153

国の自然、経済、文化、軍事的資源、その他の特権に関する外国覇権を意味する合意を規定することは禁じられている。

記事154

イスラム共和国は、すべての社会における人間の幸福を目指しと独立、自由と、全世界の国民が、享受すべき普遍的権利としての正義の規則を認識しています。 他国の内政に干渉を控える一方でその結果、イスラム共和国は、世界中で彼らの抑圧者に対する搾取の人々のすべての合法的な闘争を支援します。

記事155

イランのイスラム共和国は、イランの法律に従って反逆者と認められた者を除いて、イランに避難しようとする人々に亡命を認めることができる。


シェア
未分類