イラン芸術の歴史

最初の部分

イラン・プリスラミックのアート

マンネの芸術

第三千年紀には、 C.、カスピ海の南にあるイランの北部地域では、カッサ族以外の言語を話したイランの人口が出現した。 彼らは突然到着しませんでしたが、実際には、彼らは平原の母集団との平和で親しみの良い融合を可能にする徐々に動きました。 彼らの出現の後、古代の陶器は研磨され、研磨されたセラミックに置き換えられて放棄されました。 この人々は、北メソポタミアとアナトリアのHurritiへのリンクを持っていました。これは13世紀の現在のアルメニアでウラルツの治世を確立しました。 しかし、彼らの移住の動きが非常に長い時間のために開発されているように、彼らは、ゴルガーンから、またはウラルトゥとコーカサスの領土から、ホラーサーン高原から来るかどうかは明らかではありません。既存の文書は、特定の再建では十分ではありません学者の側で 何が明らかなのは、彼らは、特にアゼルバイジャンとマーザンダラーンの地域で、イラン北部で強力な状態を確立マンやManneiの王国と呼ばれ、1千年紀にメデス、他の人に自分の場所を残していることですイランとアリアン。
行われた発掘の数は、たとえ発見されたとしても、王国とは異なる地点、要塞や宮殿の遺跡の中で、マンネイに対する満足のいく知識を与えるにはまだ十分ではありません。 Manneiの政権はAssyriansに対して発射された大規模な攻撃の間に打ち負かされたと思われ、その敗北に続いて彼らの仕事の大半が失火した。 王国のさまざまな場所で発見された発見は完全に異種である。 シュメール、ヘラミート、バビロニア、アッシリア、フリアンのインスピレーションを明らかにし、イランの象徴的キャラクターの重要なイノベーションを取り入れています。 実際、金の彫刻やエンボス加工によって描かれた物語のいくつかは他の場所では見つかっていません。 最も重要なものはMarlik、Ziwiyeh、Hasanluの領域で見つかった。
Ezzatollah Nehgahban率いる考古学遠征中1962、では、Marlikに発見された、リゾートでは、川の渓谷Goharrud、53墓内のストリームの完全な場所にあります。 これらは君主の墓であり、村の有名人でもあります。 最初の墓には、5用の6メータープラントがあり、厚い石スラブでできています。 他の墓は小さく、1,5のおよその2メートルを測定します。 彼らの中には様々なアーティファクトが発見されています:いくつかの剣が曲がって、私たちはなぜそれを知りません。 翼を備えた矢頭、プラトーの特徴であり、また、シアルク、タレシュ、コーカサスの第二千年紀に存在する。 金と半貴石を象嵌した銀のティーポット。 飾られていない数多くの陶器、形作られた雄牛の形で、「Amlashの狐」(図8)として知られる人物。 形状の異なる残りの墓には、金の物、銀の船、武器、青銅の像や陶器など、本当の宝物が現れました。 いくつかの墓は3の3メーターを測定し、少数のアーティファクトが見つかっています。
金のカップとゴブレットはHasanlu(アゼルバイジャン)とZiwiyeh(クルディスタン)の要塞で、Marlikの墓で見つかった、アーティスティックチェーンのリンクと考えることができ、これらの装飾はアケメネス朝とササン朝芸術後で再浮上してきました。
Marlikで見つかった2本のゴールドカップについてコメントすることができます。 最初のカップは高さ19 cmで、両側に1つずつ、彫刻された2枚の翼のある牛があり、椰子の木の両脇にある脚で休んでいます。 牛は大きな翼を装備しており、賞賛に値する精度で作られており、頭はカップから出て、観察者に向かっている。 ウシの顔の表現は、ペルセポリスに代表されるいくつかの牛の表現と同じではありません。 もう片方のカップは背が高く、その形状はわずかに垂れ下がっています。 しかし、その装飾は、全周に沿って2本の水平線で行われるが、同じ洗練されたもので作られている。 牛の頭と首の位置は、上記の杯の位置に似ていますが、この場合、2頭の動物は互いに後ろに動いており、それらの間の空間はいくつかの花で満たされています。彼らは犬のバラのように見えます。 これらの牛の構造は、LuristanのSorkhダムに見られる谷の定型化された牛の構造に似ています(図9)。
また、おそらく少し遅れて、戻ってこの時代にさかのぼる、それは頭後で個別に作られたカップに釘付けされた2頭のエンボスライオン、の円周上にありマーザンダラーンで、kelardashtで見つかった金の杯、です。 パターンや装飾はよりシンプルで、ハサンルカップと幾分関係があります(図10)。 この2つのカップとルーヴル美術館で見つかったこの2つのカップは、この同じ地域またはその周辺から来ていて、いくつかの類似点を持っています。 「北西イランの杯」と呼ばれるルーヴル美術館は、2本のガゼルの後ろ足を爪でつかむ2頭のライオン様の鬼を示しています。 悪霊のライオンには、ヘビのようなコイルの脚と鳥の鳥の爪の2頭があります。 スタイルはMarlikの牛のものとは異なるものの、リアリズムよりも抽象化への傾斜のために、実現の洗練と上余白の装飾は、同期間に戻ってその日を推測残し、以前のものに似たカップを作ります。 現代のエラムのモチーフの中にも2頭のライオン・デーモンのモチーフがありますが、足と爪がこのように表現されているのは初めてです。
注目に値するもう一つのカップは、同じ鮮やかで歴史的なスタイルで実現され、アゼルバイジャン東部のハサンルにあります。 カップの高さは20,6 cmです。 開口部の直径は28 cmであり、テヘランの考古学博物館に保存されている。 ハサンルの要塞に焦点が当てられたとき、それを持っている人の手からカップが落ちたので、それは変形したようです。 カップ上の図はあまり現実的ではなく、かなり厚いものの、特に重要な構成はありません。 その魅力は小さくて鮮やかな絵の力にあります。 装飾は、行で区切られた2つの行に展開されます。 彼らは神話の物語を表していますが、その起源はまだわかりませんが、ウラルトのフリアンの芸術との明確な関係があります。 ここでは足のアーチを強く支えている戦士のイメージ、メダとアクメネスの芸術に再び現れるイメージを見ることができます。 このテーマの興味深い部分は、3頭のドラゴンの背中から主人公の救助を呼び、体が岩のように下部に変わる男を表しています。 空に女性を運ぶワシもあります。 場面の最高部には、戦車に乗っている3人の神が表され、そのうち2人はラバに引っ張られ、3人は牛によって引かれます。 牛の前には立っている司祭がいて、彫刻された頭と顔があり、手に杯を持っています。 2人の男が犠牲になるために2匹の子羊を運ぶ司祭に従っています。 三つの神はおそらく空気の神、牛の手で描かれたカート、地球の神、角と太陽の神、彼の頭の上に翼のような太陽のディスクがあるようです。
カップの反対側のデザインは、最初のものよりもあまり明確ではありません。 それはおそらく秋に部分的に消去され、その明瞭さが損なわれた。 主画像にアークが主人公によって行使される方法、またはライオンの後ろに手ミラーに女神として、絶対イランである要素を見ることができます。 たてがみとライオンの顔はまた、2点の作品が同じ領域で実現されたことを示すライオンkelardasht、上で発見された壊れた断面を示しています。 カップの残りの部分についての解説は基本的なものではないので、我々は変倍陶器と青銅の船に直接言及する。
この陶器は、とりわけギボスや装飾が欠けているすべての動物の形態をとります。 牛の体の形は、それぞれが旋盤上に作られたいくつかの部品で構成されていることを示しています。 セラミックの色は赤または濃い茶色です。 動物の部分は、アーティストがかなりの割合の知識を持っているように作られています。 変形性セラミックスに加えて、彫刻されていない婦人の小像は、サイズが小さく、新石器時代のものとあまり変わらないが、はるかに鮮やかで表現力がある。 彼らの体の誇張された要素は、彼らがMarlikとAmlashの牛と同じ年齢であることを示唆しています。
またManneiから最も可能性があり、それが彼らの隣人でない場合は、別の宝は、Mannei Allipi Ziwiyehにされています。 Mannei、Allipi、カッシート人、Lullubiとグティ、西部および中央イラン人口三千年紀に、そして南西イランの住民との関係を持っていたが、それは、スーサとエラムと、として、ありますファーズとケーマンのイラン人; これらの人々の間の相互の影響は、ジワイエの芸術的な宝物の多種多様性を決定しました。 メソポタミア、アッシリア人、ヒッタイト人、ウラルト王国が大きな影響を及ぼしたことにも留意する必要があります。
Ziwiyehはクルディスタンの2番目の都市であるSaqqazの東20キロに位置する小さな町であり、その宝物、1947で発見されたときには多くのクルド人の村の中の唯一の村でした。 宝は城砦の​​壁の1つの下に埋もれていた。厚さ7メートル半の壁で、34×34,9 cmの煉瓦で建てられた。 要塞は3階建てで、他の建物より3番目の高さです。 宝物の断片、様式、装飾品が非常に多様であることから、要塞(おそらくアッシリア人、メデス、またはサカによってもたらされた)への攻撃中に、防御者はそれを救うために壁の下にそれを葬った可能性が高い。 要塞にはElamの要塞と同じ特徴を持つ本館があります。 それは、柱状の支柱を支えるために使用される3つの石柱を備えた入り口を残しています。 このタイプのポータルは、第三千年紀と第二千年紀の円筒形のシールに彫られた寺院の表象にあります。
私たちは、Manneiの王国の一部であった、要塞で見つかった遺物のほとんどの時間である、第8及び第七世紀に最初の千年紀で、特に、要塞は、おそらくそれが立っている領域としてManneiの仕事だと言いました。 大量に発見された陶器はメデスでも使われた小さな陶器でした。 また、赤やピンクの陶器が発見され、装飾され、数回繰り返された植物の前にひざまずいている牛が装飾されています。 牛のモデルはアッシリアのですが、彼の首にぶら下がっはアッシリアではなく、植物の形状は、どこにでもメソポタミアや小アジアやエラムでは見られません。
この宝の物のほとんどは広い桶や粘土の池に詰め込まれていて、そこにはアッシリアの役人たちが彫刻されています。 役人は、背中を向いた帽子をかぶって、提出態度で贈り物を運んで、ネイティブのグループを導いています。 タンクの側面には、ガゼルとバラのイメージで装飾された垂直の青銅のストリップがあります。 タンクは、お湯タンクに似た建物で使用されました。
浴槽は、トリビュート、税金を保持するために使用し、彼らが棺だったことは非常にそうであるた、なぜならこの形式の棺は、中東に存在しませんでした。 トリビュートの担い手の姿は、メデスと坂の途中に設計された、と我々は彼らの帽子の形状に特に見れば、我々はメデスとManneiの影響下にあった坂イラン東部、それらを識別することができます。 彼が激しく年28する自国の領土を支配し、アッシリア政府を倒したときに、七世紀のメデスの助けに来て正確坂でした。 言及に値する対象の中には、アッシリアンに身を包んだ役人または船長を表す象牙の像があり、精密さと精巧さをもって実行されます。 ひげと髪がアッシリアのスタイルと同様にスタイルやドレスは間違いなく完全にアッシリアのですが、顔、額、目、唇、口と鼻はイラン人は間違いなくあります。 おそらくこの背の高い像20 cm。 アッシリアに扮したマネキン、必ずしも要塞の摂政を表しています。 たとえ砦の中に火の跡がないとしても、小像の後ろには燃えるような兆しがあります。 飾られ、刻まれた他の象牙の物体が見つけられ、パレードのアッシリアの役人と兵士が現れた。
象牙のこれらの断片の碑文の別の行には、兵士がいるが、ライオンや他の神話動物と戦っている英雄がいる。 主人公は、ライオンの口のボクシンググローブに似た小さな盾をプッシュします。彼は槍で心臓の動物を突きつけようとしています。 この種の先駆けは、アッシリアの表現の中には存在せず、これはマンネイの生産であることを示唆しています。 何世紀にもわたってちょうどそれらから安全に滞在するためにアッシリア人の保護下に置かれていたManneiは、彼らはおそらく意識的に、彼らの技術革新をもたらすことによってアッシリア芸術形式を借りていたし、彼らの作品は、アッシリア、市場でより多く売れる正しかったということ。
象牙のもう一つの断片は、神聖な木の2つの側面に2つのシャムアのイメージを示しています。これは、ウラルツに代表される木に非常によく似ています。 それは、網の中に配置された花の渦巻きを持つ手のひらであり、水仙と犬のバラに似た花である。 ジワイエとアゼルバイジャンのハサンルル要塞のイメージには多くの類似点がありますが、ハサンルのものはより大きな注意を払って行われるので、はるかに古いようです。
テヘランの考古学博物館には、VIII / VII世紀のジウィエーから出た金のペンダントが展示されています。 C.、半分の半分の半分のライオンの存在、および半分のライオン半分のワシと一緒に、翼のある太陽のディスクを運ぶ雄牛の像が浮き彫りにされている。 ペンダントの2つの薄い縁には確かにサカの形をした動物があり、これはマンネイの領土の最初の千年紀の初めに住んでいて、サカとメデスにも影響を与えている証です。 ニューヨークのメトロポリタン美術館では、注目に値する美しい金のブレスレットが展示されています。 ブレスレットの2つの頭部には2頭のライオン頭が描かれています.1頭は固定され、もう1頭は動いています。 実際のブレスレットには、寝るライオンのイメージが飾られています。
ここでは、ツィウィエで発見されたオブジェクトのセットについて概説しました。これには200以上の部分が含まれていますが、その多くは考古学マニュアルのほとんどの写真で再現されています。



シェア
  • 5
    株式
未分類