アバルクヒノキ

アバルクヒノキ

樹齢が約4500年から8年と推定されるアバルクヒノキは、同名の都市(ヤズド地方)にあり、世界でXNUMX番目に古い木と見なされています。 いくつかの伝説によると、それはゾロアスターによって植えられ、他の伝説によれば、ノアの息子であるジャフェットによって植えられました(A)。

このツリーは、周囲が11,5メートルの幹で支えられ、枝の直径は1,85メートルで、約35メートルを表し、その全周は18メートルに相当します。 ヤスド地方では、ヒノキ、プラタナス、クルミ、トネリコなど、地元の人々から尊敬されている50世紀以上のさまざまな種類の木が認められています。

シェア
  • 21
    株式
未分類