SiminDāneshvar(1921-2012)

Simin Daneshvar

Simin Daneshvarは、28 Aprile 1921を誕生させました。 シラーズ著名な作家兼翻訳家で、ペルシャ語で素人以外の方法で小説を書いた最初のイラン人女性でした。 彼女はまたイランの作家協会のメンバーそして最初の長でもあった。

Siminは英語学校「MehrÂin」で小学校および高校での勉強を終え、後に始まりました テヘラン大学 ペルシャの言語と文学を勉強し、美学に関する論文で博士号を取得する。

この分野での彼の研究を続けるために、彼はアメリカのスタンフォード大学に行き、この期間に彼は米国で出版された2つの短編小説を英語で書いた。

彼がイランに帰国したとき、彼は芸術アカデミーとTehrān大学の教師でした。 彼の父が死んだ後、SiminDāneshvarは "RadioTehrān"と新聞 "Irān"の芸術的な名前 "Shirāziwithout name"の記事を書き始めた。

イランの短編小説の手紙の中で、珍しい作品の先駆者と執筆者として常に記憶されている彼女のうち、以下の注目すべき作品が出版されている。
「(ジャラルアル・アフマド付き)「「楽園のような都市は、」「Savushunは四十オウム」英語 - など、より多くの17の言語に翻訳最も重要な仕事を、-its」、「火が出ている」誰私はの産業に渡り鳥「」放浪山「」ペルシャ絨毯の傑作、 『』ガイドを確認「」「」「」博士モロー「」放浪キャラバンの島をジャラルの損失を迎えることができます "イラン "、"禅の仏教 "、"美学の基礎 "。 翻訳:「腕と人間」(バーナード・ショウ)、「敵」(チェーホフ)、「クライ、最愛の国」(アラン・ペイトン)、「スカーレット・レター」(ナサニエル・ホーソーン)、 "サクランボ園「(チェーホフ)、」ハネムーン、太陽のこぶ「(アルベルト・モラヴィアと芥川龍之介)、」人間喜劇「(ウィリアム・サローヤン)。

Arms and the Manジョージ・バーナード・ショウ(1949)
敵のAnton Chekhov(1949)
アーサーシュニッツラー(1953)のベアトリス
Nathaniel Hawthorne(1954)の緋色の手紙
ウィリアム・サロワン(1954)の人間コメディ
Alan Paton(1972)の「愛する国」を叫ぶ
アントン・チェーホフ(2003)のチェリーオーチャード
アルベルト・モラヴィアと芥川龍之介の作品

SiminDāneshvarとJalālAl-Ahmad(彼女の夫)の家は、 "文学の家"という名前の博物館として使われています。 SiminはTehrānの8 March 2012を無効にし、TehrānのBehesht-eZahrā墓地のアーティストに捧げられたスペースに埋められました。

関連項目

名高いです

シェア
未分類