アリシャリアティマジナニ(1933-1977)

アリーシャリアティマジーナニ

アリシャリアーニアリ・シャリアッティMazināniは、Kahak、アリ・シャリアッティ、アリ・シャリアッティMazināni、博士Shariatiと殉教者の教師として知られているMazinānSabzevar、郊外の村に23 1933 11月に生まれ、イランの思想家、作家、翻訳者、社会学者、歴史家、研究者でした宗教、戦闘機、宗教的、現代的な政治活動家の。

小学校の先生の大学に入った後のアリ マシュハド そして同時に彼は父親の教えのおかげで科学を学んだ。

彼の研究を完了した後、Shariatiは教師の大学で教え始めた。 政権に反対する街頭デモ、闘争、宗教的、政治的運動のメンバーであるという事実に参加したため、彼は二度逮捕された。

マシュハドの大学でペルシャ文学のコースを終えた後、彼はここで彼の研究を続けるためにフランスに送られると、このような社会学、歴史、イスラム文化の基盤として科学を学び、サルトルなどMassignon、Gurvitch、として影響力のある教授に会いました。 。..

社会学と宗教の歴史の博士号を取得した後、彼はイランに戻った。
当時、彼は政治や社会で特に活発で、フランスで記事を発表し、アルジェリアの自由のための闘争中にフランス警察によって逮捕され、攻撃された。

彼は病院に入院し、その後刑務所に送られた。 彼はまた、抑圧された国の偉大な反対者と接触した。 1966では、トルコとイランの国境にあるイランに戻っている間、彼は逮捕され、数ヶ月後に釈放され、出生地に戻った。

失業期間の後、彼はマシュハドの村の中の4年生クラスのディレクターとして雇われました。 彼は後に高校で教えられ、最終的にマーシュハド大学に歴史学の助手として入学しました。

1967で彼はテヘランのHosseiniyeErshādに招待され、文化問題の責任者となり、宗教の社会学、シミズムの歴史とイスラム文化を教えました。 この文化的、宗教的団体を パフラヴィ政権Shariati博士は逮捕され、18ヶ月間に投獄された。

当時の政府の圧力のために、Shariatiは彼の家族とともに15 May 1977がヨーロッパに移住し、新しい勉強と闘争の期間を開始しました。
Shariatiは、イスラム革命における役割を持つためにその偉大な評判に加えて、社会や時間の政権に反対して宗教と伝統を復活させるには彼の仕事のために注意しました。

今日までイランのイスラム革命に勝利した後、彼の記憶と多くの記念碑でデモが行われた。 Ali Shariati博士は、本や講義や講義(口頭)、新聞や雑誌の記事、国内外の記事を数多く残しています。

これらは、シャリアー博士の文化財団、HosseinieyeErshādInstitute、および他の出版社のおかげで出版されています。

「対話者で意識的」、「自分自身の革命的教育」、「アブ・ダール、」「戻る」、「私たちとイクバル」、「巡礼の儀式の分析」、「シーア」、「祈り」 「ShiismのAlidiとシーア派サファヴィー朝」、「イスラム教の社会のクラスのオリエンテーション」、「文明の歴史」、「砂漠でHubut」、「宗教の歴史や知識」、「イスラムの研究」、「ホセイン・相続人「女性」、「宗教に対する宗教」、「世界観とイデオロギー」、「人間」、「無駄な人」、「アリ」(A)イラン・イスラムアイデンティティの認識「」イスラム教の知識へのアプローチ「」アブラハムとの出会い「」新世紀の特殊性「」芸術「」対話孤独「」手紙「」様々な作品"、"青年の作品 "、"宗教の歴史 "、" FatemehはFatemehです "、"殉教 "、はい、それは弟だった" 無期限のゼロに続いて別の時間アブ・ダール「(アブ・ダール脚本の紹介)、」シーア派であることの責任、「」A「嘆願の哲学」、「」植物学「」父、母、私たち私たちは「」教義「」Unityと正義「」巡礼「」赤シーア派「」預言者ムハンマド 『(S)、』抑圧者、異端者と裏切り者の顔「」文化とイデオロギー」をrespnsabili 「教義について」、「哲学の進化の歴史」、「精神上の」(写しのコレクション)、「ホラーサーン」、「砂漠」、「人とイスラム教」、「ワンネス、」倫理」 。

残っているスピーチと口頭レッスン、本またはコピーは次のとおりです:
「宗教の歴史」、「イスラムの研究」、「明日の歴史を見て」、「新世代」、「イスラム教の知識とイスラム教徒のアプローチ」、「アリ、神話上の反射」(A)、 "彼の死の後、イスラム社会とリーダーシップの役割「」文明と近代化「」アリはただである「」アリの生活への影響 『』アリ、完全な男「」歴史と 'で、その値イスラム教「」知的、社会における責任「」イスラムの歴史の哲学 『』救世主の期待、抗議の教義「」シーア派であることの責任、 『』(アブラハムの宗教で)アリにそこには何が必要? 『』アリ、統一戦線に従事し、 『』どこから始めれば?「」殉教「」ホセイン、アダムの相続人」の教義の方法で、犠牲の年「」 、「殉教後」、「シーア派史上の歴史的人物の役割と記憶」、「私たちのセコ Iアリを探している「(A)、」最も立派崇拝の精神「」移民と文化「授業についての質問に答える」赤シーア派「」アブ・ダールのスクリプト入門、 『』」 「完全な党」、「アリとその苦しみの信者」、「ふくらはぎラム、知的責任のための希望のメッセージ」、「アメリカのイスラム教」、「百科事典シーア派、氏は会議への導入。 ハッサンアラミン、「アリと彼は言った場合は、はい、」「アリ、複数の次元で魂」、「敗北で勝利、」「技術の慈悲で装置」、「詐欺」、「ハッサン歴史とMahbubeh」 「Chichirichì」、「多神教の社会学」、「値の革命」、「ルーツ・経済ルネサンスの社会階級」、「科学的方法」、「科学と新スコラ」、「人と履歴「」四人の刑務所、 『』実存主義「」宗教の衰退の理由「」教育の標準定数「」文化資源の抽出と精製「」ワールド・ビジョン「」知識のサークル「」レストアのアートは 『男が今日必要とする"』、自分自身に戻る「」「」昨日と今日の男の人を待っている文化「」科学への信仰奴隷の家で「役に立たない男」、「科学の新しい精神を、」「神」の(哲学 巡礼)、「人間の創造の意思でヒューマニズム」、「会社の建設のための知的条約」、「自分自身のリフレクション」、「文明と近代」、「忠誠と労働組合(民主主義と革命的なリーダーシップ)、「イスラムの歴史は」、「「「」「科学主義ルネサンスと歴史の1964へルネサンスから知的」新世紀のランク」の亡霊「の世界では預言者として選択したしきい値にあります」 「1660に中世後期からヨーロッパ 『』哲学とイスラム教育 『』アルベール・カミュの教義や作品の社会学 『現代文明の男』、 『物語上の教義と様々な意見』、「宗教と預言者の後にその履歴「」「」歴史哲学「」近隣諸国の歴史(ロシア・イラク・トルコ・パキスタン)、 『政治・経済思想史』、「イスラム教後のイランの歴史"、"科学の歴史と 敗北。 "

Shariati博士の翻訳:
「批判文学」、「祈り」、「アブ・ダールGhaffari」、「サルマンピュア、」「文学」、「大地ののろわれているもの」アルジェリア革命とHallaj生活のたとえ5年目。 "

Ali Shariatiによる著書:
"既存の苦しみ! (人間の創造の物語)「」コンピュータの利用「」さよならの殉教者の都市「」偶像崇拝「」セイェドアフマド・ハーン「」預言者「」一神教の基盤を1ヶ月後「」研究条約シーア派のイスラム教徒がアメリカを発見した理由についての記事、おそらくイスラム教徒がクリストファー・コロンブスの前で発見したのだろうか?

収集されたコピーの形で散らばっているスクリプトと翻訳:
「詩とは何か」の翻訳サルトレ(「文学とは何か?」)「科学と新学術」、「女性は今日どのようにすべきか」、「疎外」、責任を問う

Shariatiはまた、いくつかの本や書物、そして彼の子供たちへの手紙、彼の父親などを紹介した。 Dr. Shariatiの数多くの作品は、様々な言語に翻訳され、イタリア語を含む出版されています。

たとえば、「復元者を待っているArte」と「Botanica」です。 Shariati博士は、英国サウサンプトンの19 June 1977を不審に切り替えました。 情熱的な心、純粋な思考、不断の信仰、鋭い舌、巧みなペン、意識的な心そして穏やかな顔が天国と永遠の平和に飛んできました。

彼の霊廟はシリアのダマスカスにあるハズラツ・ゼイナブ(S)の隣に位置しています。

関連項目

名高いです

シェア
未分類