ネザミ・ガンジャビ(1141-1209)

ねざみガンジャビ

Nezamiのニックネームを持ち、Hakim Nezamiとして知られるJamālAl-Din Abu MohammadIlyāsBen Yusuf Ben Zaki Ben Mu'ayydは、Ganjeの1141で生まれました。 イランとTafreshの原住民は、彼は叙事詩の架空の物語の中で最も有名な作家です。 ペルシャ語 誰が口語的な物語のスタイルを叙事詩に紹介しました。
ペルシャ文学における物語の構成の発明者としての彼は、詩の柱の中にあり、間違いなくこの言語の達人の中にいます。 Nezamiは次のように成功しただけでなく フェルドウスィー サディは特定のスタイルと方法を創造し完成させたが、彼のアプローチの影響は彼の後の詩人でさえもペルシャ詩にはっきりと表れている。
彼は自分の時間(文学、天文学、イスラム科学、giurispridenza、神智学とアラビア語)で流行し、様々な科学の幅広い知識を持っていたし、彼の詩のこの特性は、公然と認めています。
適切な言葉を選んで、特定の組み合わせと新しいの作成は、意味や内容使用しないと洗練決しての発明では、想像力の使用、景観への配慮や自然の説明を詳述し、文字と直喩といいと新しいメタファーの使用、彼に続く人たちの間には等しくありません。
有名な作品と傑作比類のないNezamiは、五重奏曲や叙情的な物語内の5つの宝物は非常に尊敬されていると、彼は当然ペルシャ文学における詩のこの種の創始者とみなされるべきです。 彼の人生の詩人総支​​出の30年間は、組成物と、この作品の準備に身を捧げます。 クインテットまたはNezamiの五の宝物は5 masnaviで構成されています。
-Makhzan-e al-asrār(エンポリオ・デイ・シークレッツ、ペルシア語の教育文献の著しい例の中で)
- コスローとしりん(コスローパルヴィス大王のラブストーリー) ササン朝 とアルメニアの王女しりん)
-Leili and Majnun(ペルシア文学の最も有名な古典的な愛の物語)
ハーフ・ペイカール(BahrāmnāmeとHaft Gonbadとも呼ばれた7つのエフィジー)は、7つのストーリーで構成されています。
ブラックドームの1-Tale(住民がすべて黒で服を着た都市の物語)
黄色いドームの2-Tale(女性を信用しなかった王の物語と黄色の顔をした奴隷の女の子)
緑のドームの3-Tale(善と悪の歴史)
赤いドームの4-Tale(城の女性の物語)
ターコイズドームの5-Tale(善と悪の歴史)
サンダル色のドームの6-Tale(慈悲と卑劣の歴史)
ホワイトドームの7-Tale(参加したい少女と少年の話、それは不可能でした)
- Eqbālの名前(運の予約)とSharafのnāme(栄光の本)で構成される "Eskandarnāme"(アレキサンダーの本)。
-Divān-とqasāyedはghazalyāt(qasideのコレクション、roba'yyat(quatrains)と行う-beyti(二重線)を、短い詩、様々な道徳的な問題についての断片や詩、神秘的、社会的に)行きます
- GanjaviのQuintetまたはGanjineの第7章(qaside、ghazal、qet'eおよびrobā'yyatで構成される)。
これまでのところ、イランおよび世界中でNezāmiGanjaviを記念するために多くの国際会議および会議が組織されており、3月の12(公式イラン暦のEsfandの月の21)もこの偉大な詩人の記念日です。
彼とイランの姿を描いた像は、中国、アゼルバイジャン、ローマの街にも見られます。 その詩人はガンジーの1209年に死去し、彼の霊廟はこの同じ場所にあります。
参考文献は中世のペルシャ文学の作品です:

A.パグリアロ - A. Bausani、ペルシャ文学、Sansoni-Accademia、フィレンツェ - ミラノ1968
EG Browne、ペルシャの文学史、4 Vol。、ケンブリッジ1951-53(数回転載)
Jan Rypka、イラン文学史、Reidel Publishing Company、ロンドン1968
AJ Arberry、古典的なペルシャ文学、ロンドン1958
A.Pagliaro-A。 Bausani、ペルシャ文学、Sansoni-Accademia、フィレンツェ - ミラノ1968
AM Piemontese、ペルシャ文学の歴史、2 Vol。、Fabbri Brothers、Milan 1970
C.サコン、古典的ペルシャ文学のテーマ史 I:王のSufi預言者、ルニ、ミラノ - トレント1999の旅とビジョン; 巻。 II:スフィー教師と美しいキリスト教徒。 中世のペルシャ、Carocci、ローマでの倒錯の詩学2005; 巻。 III:美しい人の王、世界の王。 中世のペルシャ詩Aracne、Rome 2014における権力と美の神学
Nizamiのイタリア語の研究や記事は、次のように読むことができます:
AA.VV.、ペルシャ詩人のNizamiに関する講演とイランのアレキサンダー大王の伝説、アカデミアナツィオナーレデイリンチの編集、ローマ1977
C.サッチーネ、スーフィー王の預言者、ルニ、ミラノ - トレントの旅とビジョン1999
A. Bausani、イスラム教の神聖な狂人、ルニ。 ミラノ - トレント2000
JC Buergel、スピーチは海を意味する船です。 中世ペルシャ詩「Carocci、Rome 2006」の愛と旅行に関するエッセイ
Saccone C.(編)、2つの海の間を移動アレッサンドロ/ DHU「L-Qarnayn、インド・地中海研究ノートブックの特別号、(2008)
イタリア語の翻訳:
Nezami、The seven Princesses、A. Bausani、Rizzoli-BUR、ミラノ1996編(1982第一版)
Nezami、Leylà、Majnun、G. Calasso編、Adelphi、Milan 1985
AlzandroのNezami、C. Saccone編集、Rizzoli-BUR 2002(1997第一版)

関連項目

名高いです

シェア
  • 4
    株式
未分類