ウマルカヤヤム(1048-1131)

オマー・カヤム(Ghiyāthad-DīnAbu'l-FatḥmarUmar ibnIbrāhīmal-KhayyamNīshāpūrī)

Omar KhayamNeishāburi(フルネーム:GhyāsAd-Din Abu'l Fath Omar Ben Ebrahim KhayamNeishāburiはNeishāburで18 May 1048とも呼ばれています。彼の科学的背景は文学的背景より優れていたが、彼の称号は "Hajje-al hagh"(真実の巡礼者)であったが、彼はとりわけセレブを所有している。人類のためのKhayyāmの科学的買収は数多くあり、非常に注目に値する、彼の最も権威ある貢献の1つはイラン暦の計算を命じたと考えることができる。この分野はいまだに有効であり、キリスト教暦に関しての立場により大きな焦点を当てています。彼は数学、天文学、文学科学の教授でした。 e、宗教的および歴史的。 3次方程式を解くことにおける彼の役割とEuclidのV仮説に関する彼の研究は、権威ある数学者として科学史に彼の名前を挿入しました。 カイヤムは、数学、代数、幾何学、物理学、音楽、天文学、気象学、神学、哲学、詩などの分野で数多くの科学的および文学的研究を発表しています。 しかし、これら以外にも、世界の過去2世紀にわたる彼の最大の名声は彼のクォートラインによるものであり、彼は世界の4つの偉大な詩人のリストに彼の名前を含めました:ホーマー、シェークスピア、ダンテとゲーテ。 彼の科学作品の中で、私たちはそれらのいくつかを次のように思い出すことができます:代数、ユークリッドの仮説、自然、存在、哲学、季節と気候の違い、イラン人の習慣や祭り、政府など
OmarKhayyāmは世界中で知られており、彼の作品は様々な言語に翻訳されています。 エドワード・フィッツジェラルド、代数の本のフランス語の翻訳とその常に有名な東洋ガーシン・デ・タシーによるquatrainsのフランス語によって彼のquatrainsの英訳は、彼の名声の例です。 イタリアでも翻訳され出版されています。

イタリア語の翻訳:

Omar Khayyam、Quartine、Francesco Gabrieli、Newton Compton、ローマによる編集1973

Omar Khayyam、Quartine(Roba'iyyat)、Alessandro Bausani、Einaudi、トリノ1956編集

スハイヤム
Mario Chini(編集)、Edoardo Fitzgerald、Lanciano、Carabba 1919のレッスンによるOmar KhayyamのRubaiyat
Francesco Gabrieli(編集)、OmarKhayyàmのLe Rubaiyyat、Florence、Sansoni、1944(最近の再版:ローマ、Newton Compton)
Alessandro Bausani(編集)、Quartine(Roba'iyyat)、トリノ、Einaudi 1956(そしてさらに再版)
A.Pagliaro-A。 Bausani、ペルシャ文学、フィレンツェ - ミラノ、Sansoni-Accademia、1968
Carlo Saccone、Sufi教師、美しいキリスト教徒。 中世のペルシャにおける逸話の詩集。 古典的なペルシャ文学のテーマ史、vol。 II、ローマ、Carocci 2005
イランと世界の場所、広場、機関、協会、大学、彫像などはその名前を持っています。 カイヤムのバストはルーマニアの首都ブカレスト、アメリカのオクラホマ大学などで見ることができます。 1月、ウィーンの国連事務所の中庭にある2009は、建築様式の組み合わせである4つのアーチの形をした一種のパビリオンに置かれました。 4人のイランの哲学者、カイヤム、アブ・レイハン・ビルニ、ザカリヤ・ラジ、アブ・アリ・シナ。
また彼の名誉の月の「穴」(月の陥没)の1つは「OmarKhayyām」と呼ばれていました、そして年1980に小惑星はその名前(小惑星3095)によって常に呼ばれました。 Khayyāmは忙しい生活の後、Neishāburの彼の出生地で突然4 12月1131を消した。 インクルード 彼の霊廟 この街の庭園内にあります。

関連項目


シェア
未分類