アターネイシャブリ(1145-1221)

アターネイシャブリ

ファリド・アル・ディン・アブ・ハメド・モハマッド・アター・ネイシャブリ、シェイク・アター・ネイシャブリとして知られ、1145の村で生まれた Neishaburは、ペルシャ文学で最も有名なイランの神秘家や詩人の一人です。
彼は父親から薬学と薬理学を学び、薬局の仕事と病気のケアに専念しました。 世俗的品物の放棄と、禁欲主義、孤立と敬虔の道を踏み出すという彼の決定について、多くの話が聞かれました。
『Mokhtar名』(quatrainsの幅広いコレクション) 『Musibat名』または 『逆境のブック』、 『Elahi名』または 『天の詩』、 『Asrar NAME』または:アター」の有名な作品の中で次のように言及することができます「秘密の書」「MantiqアルTayr」または「鳥の動詞」、「ディヴァン-Eのghazalyātがqasāid行く」またはガザルとqasideのCanzoniere「と」AwliyaにTazkirat「または」アッラーの親密なのメモリアル「(また)スーフィーの言葉」として翻訳。
モンゴルの攻撃の間、彼の作品はすべて焼かれ、モンゴルの攻撃が他の都市に持ち込まれる前のものだけ残っていた。 Moulaviのいくつかの学者によると、 'Attār'の作品はMoulaviのMasnaviの編集の重要なソースであり、彼自身がこの事実を暗示する "Divān-e Kabir"の点で彼自身である。
Farvardinのイラン暦月の25日は、この詩人の意識を高めるためのイニシアチブを持つ彼の霊廟で、Neishaburで毎年行われます「アターナショナルデーです。 場所は、花で満たされている、我々はまた、彼と書道の本の展示会や詩の夜に研究を提示され、この日に行われた取り組みの一つです。
アター」の作品は、様々な言語に翻訳され、イランで、世界で彼についての本を出版されています。 彼はその作品だけでなくイタリアで受信されているペルシャの詩人の中にあります。 実際には、それらの5はイタリアや「秘密の書籍、」「鳥の動詞」、「天の詩」、「アッラーの親密なの記念」と「逆境のブックに翻訳されています。」 次のように参照がイタリアで製造することができる先の作品のいくつかは以下のとおりです。
A.Pagliaro-A。 Bausani、ペルシャ文学、Sansoni-Accademia、フィレンツェ - ミラノ1968
AM Piemontese、ペルシャ文学の歴史、2 Vol。、Fabbri Brothers、Milan 1970
C.サコン、古典的ペルシャ文学のテーマ史 I:王のSufi預言者、ルニ、ミラノ - トレント1999の旅とビジョン; 巻。 II:スフィー教師と美しいキリスト教徒。 中世のペルシャ、Carocci、ローマでの倒錯の詩学2005; 巻。 III:美しい人の王、世界の王。 中世のペルシャ詩Aracne、Rome 2014における権力と美の神学
イタリアの「Attar」に関する記事と貢献は以下にあります:
AA。 VV。、謎の詩人Fariduddin 'Attar、Lincei国立アカデミー、ローマ1978のイタリア語 - イラン語集会
A. Bausani、イスラム教の神聖な狂人、Luni、Milan-Trento 2000
H.リッター、魂の海。 Fariduddin 'Attar、ミラノ、Ariele、2004の人間、世界、神
C.サッチーネ、スーフィー王の預言者、ルニ、ミラノ - トレントの旅とビジョン1999
C.サコン、スフィ教師と美しいキリスト教徒、カロッチ、ミラノ2005
イタリア語の翻訳:
ローラPirinoli(編集)、Parole di Sufi(Tadhkirat al-Awliyā ')、ミラノ、 モンダドーリ。 ISBN 88-04-49934-6
Maria Teresa Granata(編集)、Il poema celeste、ミラノ、Rizzoli / Bur。 ISBN 88-17-16774-6
カルロSaccone(編)、鳥の動詞、ミラノ、SE、2007(第一編。SE 1986)。 ISBN 88-7710-673-5新しい完全改訂版:鳥の動詞(Mantiqアル・Tayr)、センターEssadベイ - CreateSpace IPP、チャールストン2016(でも電子ブックの形で、AmazonのKindle版2013)
Carlo Saccone(編集)、La rosaとナイチンゲール、Rome、Carocci、2003。 ISBN 88-430-2636-4
S. Zanardi(編集)、Il libro del cammino、Ariele、ミラノ2012

関連項目

名高いです

シェア
未分類